介護セミナーでミナを笑顔にする技術を習得|受けて損なし憂いなし

介護

初任者研修を受ける

介護

いきなり現場に出るよりも、まずはセミナーを受けておくことが大切です。初任者研修では介護に必要な基礎的な知識や技術を学ぶことができるので、現場のルールに左右されることなく、正しいやり方を頭に入れておくことができます。

Read More >>

介護福祉士になるため

介護

実務において必要な知識や技術を学べるセミナーとして、実務者研修があります。介護福祉士を取りたいのであれば必ず必要となるもので、現場で活用できるさまざまなスキルを身につけられるため、受けておいて損はありません。

Read More >>

セミナーで学べること

介護

介護セミナーにはさまざまなタイプがあり、これから誰かの介護をする可能性がある人向け、一般企業の従業員向け、介護の現場の管理者向けなどがあります。このようなセミナーを受けてノウハウを身につけていくことが大切です。

Read More >>

変化に対応するため

介護

介護の現場というのは、常に変化しています。
介護に関する資格の決まりも近年改訂されたばかりですし、要介護者の数やタイプも増していくのでそれに対応するための変化が必要となっているのです。たとえば、一昔前にあったホームヘルパー2級という資格はなくなっており、代わりに介護職員初任者研修を受けることになっています。

初任者研修は、介護の仕事を始める前の基礎中の基礎を学ぶセミナーとなっていますが、これは受けなくても介護の現場へ出てよいとされています。そのため介護従事者になりたい場合でも必ず取る必要はありませんが、推奨はされています。
推奨ではなく、介護福祉士の資格を取るために必要なのは実務者研修です。平成28年からこの実務者研修は必須項目となり、また、一部の医療行為ができるようになるなど技術の幅が広がるので、受けておいたほうがよいといえます。

ほかにも、現場に合わせたさまざまなセミナーが開催されています。たとえば、介護の現場にてどういった取り組みをすればしっかり要介護者のケアができるのか、といったものがあれば、今後介護者になるかもしれないのでその心構えとして知識や技術を身につけておくもの、従業員が介護者となった際に仕事と介護の両立方法を学ばせるためのものなど、多岐に渡っています。

このようなセミナーでは、介護のことを常に研究した上での最新情報を学ぶことができるので、介護に従事する以上は常に受けておく必要があります。そうして常に最新の情報を仕入れておくことにより、介護をよりよくしていくことができるのです。